カンボジアでの働き

荒木八千代宣教師のカンボジア、バッタンバン市での働きを支援しています。荒木宣教師は、現地のカンボジア人の先生を雇って子供たち対象の英語学校を運営しておられます。その働きを通して聖書を教え、福音を伝え、弟子訓練をしておられます。

私たちの教会では、具体的に、物資を送ったり、経済的な支援をさせていただいております。2018年1月には、米田牧師と4人の中高生が実際の働きの場を視察兼お手伝いに行きました。